JEPCイベント総合研究所
一般社団法人日本イベントプロデュース協会
 
                aaa   
 
     
イベント科学の総合研究論集
JEPCイベント研究第5号
 
   JEPCイベント総合研究所
イベント科学の総合研究論集
「イベント研究第5号」
2012年12月発刊
発行:JEPCイベント総合研究所
A4版124頁
頒布価格 1,200円
※購入希望者の方は事務局へお申し込みください。
イベント研究第5号目次

ロンドンオリンピックとフランスのエンターティメント文化の確認
 一般社団法人日本イベントプロデュース協会 会長   清水卓治/4

ロンドン・パリ& Puydu Fouの調査研究の意義
 JEPCイベント総合研究所 小坂善治郎・石山盛也/8

London・Paris & Puydu Fouの調査研究
 株式会社シミズオクト 鈴木義昭・鈴木康之・鶴川明/14

ロンドンオリンピックにおける施設の研究
 株式会社シミズオクト 山倉塁/24

オリンピック・ビジネス構造
 JEPCイベント総合研究所 飯塚康之/29

2012麗水国際博覧会視察レポート
 JEPCイベント総合研究所・東京富士大学   岡星竜美/44

開国博Y150における市民参加に関する一考察
 JEPCイベント総合研究所 志塚昌紀/52

イベントに関する高校生の意識調査研究
 JEPCイベント総合研究所 小坂善治郎 岡星竜美 大山利栄 石山盛也/62

イベントキャリアの形成
JEPCイベント総合研究所・東京富士大学 大山利栄/73

なぜ式典はイベントではないのか
 JEPCイベント総合研究所 藪花健 一/79

警察に対する信頼の形成要因に関する考察

 警視庁犯罪抑止対策本部 警視庁警部 中村健児/90

「イベント研究」第5号の発刊にあたって
一般社団法人日本イベントプロデュース協会
                            会長 清 水 卓 治
 日本イベントプロデュース協会は1986年に社会的・時代的要請の中で設立をしました。その後、10周年(1996年)記念事業として「イベント総合研究所」を開設し、初代所長に平野繁臣理事長が就任しました。それから15年経過しした現在、その間さまざまな調査研究を繰り返し、会員相互交流を基礎として活動をしてまいりました。
「イベント」の持つ社会的な「機能と役割」を正しく理解し、評価をして「イベントの健全な発展」を目指しつつ地道な努力をつづけてきました。その努力が実り、平成22年に、あらたな時代のイベントプロデュースを学ぶコースとして、東京富士大学において産学連携による「イベントプロデュースコース」の新設が認められました。平成25年には大学教育としてはわが国初の「イベントプロデュース学科」が、文科省の認可を受けスターとする運びになりました。JEPC創立25年、イベント総合研究所開設15年の成果として感慨深いものがあります。
 私たちイベントに関わるものとして、イベントの進歩のために、あらゆるイベントに関する技術の高度化に努力し、社会の多様な要請に応えられるよう努めて参りました。この中で、イベント産業のさまざまな技術と知識をイベントの専門的な高等教育機関への提供も実現しました。このような折に、積極的にイベント研究に取り組まれる方々が増えてきましたことに注目したいと思います。
 「イベント研究第5号」発刊に当たり、論文の作成には厳しい基準を設定したのもこのような社会的要請です。研究論文については度重なる査読をお受けいただいた諸先生に深く感謝とお礼を申し上げます。
 常にイベントの正しい知識体系のあり方を追求し続ける「イベント総合研究所」の小坂善治郎所長はじめ研究者の方々には深く敬意を称します。
この研究論文集を会員の皆様と一緒に喜びたいと思います。

 平成24年12月20日

    
     
copyright:jepc event reseach insutitute2013.5.16