JEPCイベント総合研究所
一般社団法人日本イベントプロデュース協会
 
aaa                   
 
     
イベント企画の基本原論
「6W2H」誕生秘話
 
   JEPCイベント総合研究所
イベント企画の基本原論
「6W2H」誕生秘話
2009年6月発刊
発行:JEPCイベント総合研究所
A5版12頁
ダウンロード 電子書籍(pdf)
        PCメディアBook(WindowsPC上対象をファイルに保存)
        WebBook(Web上で閲覧できます)
はじめに―JEPC知的創造資源

 この冊子は、JEPCイベント総合研究所が、 一般社団法人日本イベントプロデュース協会(JEPC)のさまざまな活動の中で、一つの知的創造活動(研究)から生み出された「JEPCの知的資産−6W2H」の素晴らしき卵の事実の概要をまとめたものです。
誰もが「コロンブスの卵」の話を存じておられるでしょう。 
「6W2H」は「JEPCのコロンブスの卵」のことで、イベント企画・計画の基本構成要素のことです。1986年にJEPCが設立されて、イベントやその周辺で活躍した当時としては精鋭のプロ集団がさまざまな検討と研究、時には大激論ののちにまとまったものです。
 いとも簡単に生まれたものとお思いでしょうが、決して楽に生まれたものではありません。それは、すでにマスコミ等の通用ワードであった「5W1H」から始まりました。そして、城義紀氏のJEPCイベントカレッジの第1回講義で「7W3H」が発表されました。そこから、さまざまな研究が生まれ、時には大激論があり、その結果「6W2H(8項目)」に決定しました。当然その過程で論じられた「5W2H」「6W1H」「7W2H」「7W3H」もJEPCの知的資産として重要なものです。
このようにして「6W2H」がJEPCによって生み出されたことは事実であります。この事実だけはご承知ください。ですから、そこにはさまざまな秘話があります。秘話はまた改めてさまざまな機会を頂きお話ししましょう。そこに立ち合った者にしかその真実は理解できないものですから、ここで再確認するのです。思い出すと、よくも日々深夜まで(時には酒もあり)できたなあと、とても懐かしいものです。しかも素晴らしい知的資産が残りました。
 平成21年6月11日
             JEPCイベント総合研究所所長 小坂善治郎
    
     
copyright:jepc event reseach insutitute2013.5.16